新宿歌舞伎町のガールズバーで効率良く常連になるための3つのコツ

新宿歌舞伎町のガールズバーで常連客になるための3つのコツ

新宿歌舞伎町にはたくさんのガールズバーがありますが、みなさんは行きつけのお店はありますか?
中には一つのお店に足繁く通って、”常連”になろうと努力している人もいることでしょう。

常連というのは言わば、女の子やスタッフさんに認知されていること。つまり、他のお客さんよりも親密な関係を築いている状態と言えます。

常連になるとさまざまなメリットがありますが、中々常連になれなくて困っている方もいるのではないでしょうか?

何しろガールズバーには連日たくさんのお客さんが訪れますから、それも当然のこと。
もちろん毎日通えばいずれ常連客になれるとは思いますが、できればなるべく早く常連になりたいですよね。

そこで今回は「効率良く常連になるための3つのコツ」をご紹介していきます。

効率良く常連になれる3つのコツ

ガールズバーで常連になるには、とにかく女の子やお店のスタッフに覚えてもらうことを第一に振る舞うのがポイント。その点を踏まえて早速3つのコツを見ていきましょう。

1.長時間いるよりも通う回数を重視する

常連になりたい人は「なるべく長時間いよう」「お金をたくさん使おう」と考える人が多いですが、それは少々効率が悪いです。

「30分だけでも毎日来てくれるお客さん」と「8時間いるけど月に2回しか来ないお客さん」がいたら、前者のほうが圧倒的に印象に残ると思いませんか?

毎日同じ電車に乗ってる人って、わずかな時間しか一緒にいないのに意外と覚えてますよね?それと同じです。

経済的に余裕のある方なら長時間かつ毎日遊ぶなんてことも可能ですが、ほとんどの方はそうではないと思います。

そのため、長時間遊ぶよりもこまめにガールズバーに通うことを心がけましょう。

2.なるべく開店直後に足を運ぶ

ガールズバーは、当然ですが夜になればなるほど混みます。
一方で開店直後の少し早い時間なら、お客さんが少ないか常連しかいないケースがほとんどです。

混んでいる時は女の子やスタッフさんも余裕がないですから、お客さんに100%意識を向けるのは中々難しいのが正直なところ。

おまけにたくさんのお客さんがいると、1人あたりの印象が相対的に薄まってしまいます。
つまり、お客さんの少ない開店直後なら女の子とじっくり関わることができますし、女の子の印象にも残りやすいです。

早い時間に行くのは厳しいという人もいるかもしれませんが、休日や祝日をうまく使ってぜひとも試してみてください。

3.ちょっとしたお土産を持参する

ガールズバーにお土産を持っていくのも有効な手段の一つ。

お土産を持っていけば、女の子とスタッフさんで「これもらっていいですか?誰のお土産ですか?」のような会話に発展する可能性が高いからです。

そこであなたの話題が出たらしめたもの。
いい印象を与えられる上に覚えてもらいやすくなるので、一石二鳥と言えるでしょう。

ちなみにお土産はお菓子や軽食がベストです。
女の子はドリンクを奢ってもらう機会は多いものの、お腹を満たせる機会はそれに比べて少ないですからね。

コンビニやスーパーで買えるようなささやかなもので良いので、余裕があれば持っていってみてください。

すべてのコツを押さえれば即常連になれること間違いなし!

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したコツの中には、すでに実践しているものもあれば初めて知ったものもあるかと思います。

3つのコツをすべて実践すれば短期間で常連になれると思うので、ぜひ早速今日から試してみてください。

また、常連になりたいようなお店がまだ見つかっていないという人もいることでしょう。
そんな方は「新宿歌舞伎町の無料案内所ナビゲート」を使って、まずはお気に入りのガールズバーを探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

Name *